駆除のことなら私達に

危険性のある虫

虫の中には大きな危険性をもっているものもあります。近年被害が増加しているものとしてハチを上げることができます。その為、ハチ駆除を行なう専門業者も年々増加しているのです。

腐食原因

木造建築物が全国的に減ってきています。その要因となっているものにシロアリをあげることができます。建築物をダメにするものとして非常に有名な為。専門のシロアリ駆除業者も数多くあります。

専門駆除業者

ハチ駆除やシロアリ駆除の専門業者は数多く存在しています。こういった業者ではそれぞれの生態などを把握している為、効率よく、且つ高い安全性をもって駆除作業を行なうことができます。

オススメリンク

許可を取る必要性

ベランダに出来た大きな蜂の巣駆除やハチ駆除を依頼するなら事前調査が無料の駆除業者がお勧めです。トラブルが大きくなる前に依頼をしておきましょう。

費用を抑えてシロアリ駆除を依頼するならコチラをチェック!格安で依頼できる専門業者の口コミが掲載されていますよ!

捕獲には役場の許可が必要

ハクビシンは農作物を荒らすほか、生ゴミを散らかしたり家畜やペットを襲ったりします。また屋根裏などに住みつけば糞尿で悪臭の元になったり、ダニや病原菌を持ち込んだりします。見つけたら早速対策を講じたいところですが、ひとつ注意点があります。ハクビシンは鳥獣保護法で守られているため、勝手に捕獲すると違法になります。市区町村によっても違いますが、ハクビシンを捕獲するには役場の許可が必要です。ハクビシンは罠を使って捕獲することが多いのですが、罠の設置も免許がなければできません。また捕らえた後は適切に処分する必要があります。このように面倒なことが多いので、ハクビシン対策は専門の駆除業者に任せたほうが早いでしょう。

捕獲する以外の対策は

捕獲する以外のハクビシン対策としては、臭いで家から追い出す方法があります。野生動物が共通して嫌がる臭いがあるので、これを利用した忌避剤を散布します。また害虫用のくん煙剤を使うのも有効とされています。ただし、いずれも一時的に追い払うだけで、二度と入ってこないわけではありません。したがって追い出した後は、侵入できそうな穴を塞ぐことが重要です。家の中に巣を作っていた場合は、糞尿などの掃除も同時に行ないます。フェンスを設置する方法もありますが、ハクビシンは地面に穴を掘ったりフェンスを乗り越えたりして入ってくることがあります。そこでハクビシンの侵入対策には、地面を覆うネットや電気柵が有効とされています。

住み着くと環境が悪化するので事前にハクビシン対策などを施しておきましょう。ペットの被害も報告されているので放置せず業者へ依頼するのがお勧めです。